引っ越し業者料金ランキング!安いおすすめは?【相場いくら?】

引っ越し搬入搬出手伝うべき?流れは?【作業スムーズにするコツ】

基本、引っ越しというのは、1から10まで業者に任せきるというのは出来なくなっています。

おまかせプランを使ったとしても、やはり、自分でしなければいけないことというのは出てきますので、この点はしっかりと覚えておきましょう。

GN013_72A

ただ、おまかせの場合は、それだけの金額を払っているので、任せてしまっても問題はありません。とは言え、やはり自分で手伝った方が何かとメリットはあります

 

搬出や搬入はちょっとしたサポートを!

搬出や搬入において、自分が手伝う必要はありませんが、それでも、ちょっとしたことを手伝ってあげるのはお勧めです。

例えば、業者が運びやすいように、奥の部屋から入口まで荷物を持って行ってあげるなどですね。こうしたちょっとした心遣いが業者も嬉しいですし、作業が終わるのも早くなってきます。

 

整理整頓を!

引っ越し準備をすると、ある程度勝手に部屋の中は片付くものですが、それでも、いらないものなどの片付けが終わっていないと、部屋の中が汚れてしまいます。

場合によっては「足の踏み場もない…」ということに。

このような状態で業者に荷物を運んでくれというのはNGです。ですので、必ず事前に部屋の整理整頓だけはしっかりと行っておきましょう

 

主は部屋で待機!

引っ越しの時ですが、

自分は必ず部屋の中にいるようにしましょう。

業者の方は分からないことを聞いてきます。そのことに答えられる人がいないと、引っ越しをスムーズに行うことができません。

ですので、必ず任せっきりにすることなく、業者の動きに注目をしておきましょう。

 

引っ越し前の準備忘れがちな事とは?

d822bc02812bed465db6fd9941143b8e_s

引っ越しで是非とも決めておいて欲しいこと。

それは、家具や家財の位置を事前に決めておくということです。これを決めておくだけで、引っ越しのサービスの質というか、満足感を高めることが可能です。

 

配置し直すのは時間と労力のムダ!

「とりあえず、ここに置いてて下さい」というのは絶対にNG。

なぜなら、そんなことをすると、後で必ず運び直さなければいけないからです。

せっかく、引っ越しの料金を払って荷物を運んでもらったのにも関わらず、後でまた自分で運びなおすのなんてバカらしいですよね。

こんなことをしていても、時間のムダですし、自分が疲れるだけなので意味がありません。ですので、家具や家財に関しては、必ず事前に「どこに置くのか」ということを決めておきましょう。

 

ダンボールはどこにおいてもらう?

家財や家具であれば、どこに置いてもらうのかを決めておけば良いですが、ダンボールはどうしたらいいのでしょうか。

そこまで重たくないのであれば、とりあえずは一つの部屋にまとめて入れてもらうというのが、搬入のスピードは早くなります。

ただ、それも嫌!という方は、ダンボールの横にでも、中に何が入っているのかを書いておき、どの部屋に運んでもらうのかをスタッフに指示するようにしましょう。

そうすれば、【 荷解き ⇒ 直ぐに収納 】・・というふうにすることが可能となります。

 

見取り図を用意するとベスト!

事前に、新居の間取りが分かっているような時は、事前に見取り図を用意しておくのがお勧めです。

そして、その紙に「これはここに置く!」といったことを書いておけば、問題はありません。

その紙をスタッフに渡しておけば、引っ越しをスムーズ且つ高品質で受けることが出来るでしょう。

まあぶっちゃけそこまで丁寧にする人ってほとんどいないと思いますが(笑)

最低限、ダンボールに①中味②運ぶ部屋 を記入しておいて運んでもらうのがベストではないでしょうか?

 

引っ越し業者が搬入作業で遅刻?

引っ越し業者ですが、搬出が終わったら自分とは別に移動をします。ですので、新居に到着するタイミングはそれぞれ異なっています。

takken008
さて、ここが問題となってきます。

自分の移動方法にもよって異なってきますけど、自転車屋バス…となってくると、かなり到着時間に差が開いてきます。

 

出発後はマメに連絡を取り合おう!

引っ越し業者がどのタイミングでつくのか、これについては電話などでマメに連絡を取り合うようにしましょう。それをしておかないと、双方イライラが募ってしまいます。こちらが何分で到着するのかを伝えてあげるのが親切ですね。また、こちらのストレスを軽減する為にも、相手方に「ついたら連絡を下さい」などとお願いしておくのが良いでしょう。

 

業者が遅れている時は?

場合によっては、業者の到着がかなり遅れそう…ということもあるでしょう。そんな時は時間を無駄にせず、近所への挨拶を済ませておきましょう。出来ればこれが理想ですね。

「今から引っ越し作業をするのでうるさいかもしれませんが…」

と一言伝えておくと、今後の近所付き合いも楽になってきます。

 

自分が遅れそうな場合

自分が遅れてしまいそうな時は、その旨をきちんと連絡するようにしましょう。

そうすれば、相手も、到着後すぐに引っ越しをできるような準備をしてくれると思います。よって、自分の遅刻というトラブルを帳消しにしたスムーズな引っ越し作業が可能となってきます。相手は次の引っ越しもあって、気が気ではないでしょうから、こういったちょっとした心遣いはするべきでしょう。

ちなみに、訪問見積もりに遅れてくるようなこのような業者

【↓私の見積もり体験談↓】
>>アリさんマークの引越社口コミ悪い?訪問見積もり評判【体験談】<<

は、最初から避けるのがベストですよ!!

 

引っ越しはアルバイトで回っている?

引っ越しに欠かせないのが引っ越しアルバイト。

ILM14_BL07019

彼らがいないと引っ越し業者は人材不足で困ってしまいます。

つまり、引っ越し業者にとっては非常に重要なポジション!VIP待遇してでもアルバイトを囲っておきたい!という感じと思いきや、実際はそうではなかったりします。

 

アルバイトは精神的にやばい?

新人というか、右も左も分かっていないようなスタッフになってくると、かなり乱暴な扱いを受けます。社員から「駒」のように扱われてしまうことも珍しくありません。

風当たりは強いですし、少しミスをする位で暴言を吐かれることも。

もちろん、お客さんの前では暴言を吐かれたりはしませんが、引っ越しが終わってトラックに乗った瞬間に、社員に怒られることだってあるのです。

頑張っていても、その頑張りを認めてもらえない…。相当辛いですよね。

また、引っ越しスタッフは体育会系の方が多いというのもあって「一生懸命やっています!」では通用しない部分もあるのです。凄く、過酷な状態と言えるでしょう。

 

使えるアルバイトと使えないアルバイト

ここで一つ覚えておきたいことがあります。それは、

同じアルバイトでも使える子と使えない子がいる

ということです。

社員教育がしっかりしている会社になってくれば、アルバイトでも礼儀正しいですし、粗相も犯しません。

しかし、適当な社員教育をしている会社だと「まじかよ!」というミスを犯したりもします。

ですので、出来れば大手業者を選び、営業マンにどういった教育をしているのかを尋ねるのが良いでしょう。

 

私が見たアルバイト君の成長

引っ越しにはドラマがあります。

その中にはほっこりするようなドラマも…。

ここでは、私が実際に現場で見た親方と新米スタッフの物語をちょこっとお話したいと思います。

gazou4

過去、私が引っ越しをしたときなのですが、その時は地域に根付いた業者にお願いをしました。引っ越し金額がかなり安かったので決めたわけですが、当日に来たのは会社の責任者の親方と新米スタッフ。

最初に親方の方から「こいつ、新米なんで」と説明を受けました。

「新米で大丈夫か?」

とよぎった不安は的中。

本当に使えない子でした・・。

ぶっちゃけ、態度だってよくありませんでしたからね。

でもですね、その度に、

親方が怒鳴って注意!!
怒鳴った後に私に謝罪。

ここで親方が私にきちっと謝罪してくれたから、私も許せたのだと思います。

そんなことを繰り返しながら引っ越しをしていたわけですが、徐々に新米スタッフの行動が変わってきました。

自分をどなりつけたあと、私に頭を下げる親方の後姿をみてなにか感じるものがあったのでしょうか?

元々、素直な子ではあったのでしょう。

最初はぎこちなかった作業もスムーズにこなすようになっており、最初に来たときと、最後ではまるで別人だったのを覚えています。

大手引っ越し業者だと、こういう人の成長を見ることは出来ませんが、小さな会社だと、ちょっとしたドラマに立ち会えたりもします。

まあ、そんなドラマへの立会は必要ないからサクっと完璧な作業をしてくれ!

という方にとっては関係のない話だとは思いますが…(笑)

それでも、こういった機会を見れたのは「人間臭い」という感じで今でも記憶に残っています。

 

引っ越し業界と改正労働者派遣法

kanrinin

今から2年前の2012年に、改正労働者派遣法が施行されて、日雇い派遣というのが禁止になりました。

これによって、引っ越し業界にも大打撃が…。

なぜなら、引っ越し業界は作業員確保の為に、多くの業者が派遣会社を利用して日雇いの派遣社員を利用しているからです。

 

日雇いの禁止って?

日雇い派遣とは、俗に言う日雇いバイトです。

つまり、その日限りのお付き合いという感じですね。

このバイトは私も昔していたことがあるので、よくわかります。当然、引っ越しにも行ったことがあります。

確かに、引っ越しの知識もない状態での引っ越しなので、右も左もわからない状態。

社員の方の指示に従って動くだけです。よって、クオリティ的には本当に低かったと思います。そんな状態のスタッフに引っ越しされる側って微妙ですよね。

 

31日以上ならOK!

今回禁止されたのは、30日以下の雇用です。ですので、引っ越し業者がそのスタッフを31日以上雇えば問題はありません。

そのあいだに何回作業があるかは分かりませんが、一応、31日以上の契約をしておけば、問題なく今まで通り、形としての「日雇いスタッフ」を利用できるわけです。

ただ、先程も言った通り、そこまで知識と経験のあるスタッフを雇っているわけではありませんから、出来れば、日雇いスタッフを利用していない引っ越し業者に引っ越しをお願いしたいところですね。

 

日雇い禁止が与える業界へのダメージは?

この法律が施行されて困ったのは引っ越し業者です。

今までのように低コストで人材を雇うことが出来なくなったので、人材不足に悩まされています。よって、トラックは余っているけど、人がいない!という状態。

これは当然、私たちにも影響を及ぼしています。だって、1日に出来る引っ越しの件数が少なくなったわけですから…。

ですので、繁忙期などに引っ越しを考えている人は、早い段階での契約をお勧めします。

 

結論!一番おすすめの引っ越し見積もりサイトはココ!

osusume

ranking3

btaikenbkoushiki

TOP > 引っ越しコラム > 引っ越し搬入搬出手伝うべき?流れは?【作業スムーズにするコツ】