引っ越し業者料金ランキング!安いおすすめは?【相場いくら?】

引っ越し一括見積もりサイトとは?比較おすすめ【料金安くする方法】

引っ越し料金というのは、定価があってないようなものです。

5faed53ee04020450e3ad14ff3c163d8_s

シーズンによって引っ越し料金は変動しますし、曜日や時間帯によっても大きく変わってきます。

実際に、自分が引っ越しをしたい時に費用がいくらかかるかは、実際に引っ越し業者に自宅まで来てもらって、荷物を確認してもらって初めて分かるものです。

この料金出しを、訪問見積もりと言います。

訪問見積もりで出される料金もクセモノで、引っ越し業者はあらかじめ、値引きする幅を持って見積金額を出します。

しかし、お客が値引きを要求しないと、高い料金で引っ越しをすることになってしまいます。

引っ越しは、値引き交渉をするための知識やコツを身に付けておかないと、大損することがあります。

特に、荷物が多くて遠距離の移動をする場合は、見積もりの段階で数十万円の引っ越し料金になりことがありますが、ある方法を使って値引き交渉したら、半額以下になった、なんてことはよくあります。

もちろん、近距離の移動でも、ある方法での値引き交渉は有効なので、このサイトをしっかりと読んで、引っ越し業者ではなく、自分主導の値引き交渉を実践して、大きなお得をゲットしましょう!

 

誰もが無料で使える引っ越し一括見積りサイト

「ある方法」とは、引っ越し一括見積りサイトを利用することです。

引っ越し一括見積りサイトは、何十、何百社もの引っ越し業者が登録していて、現住所と引っ越し先の住所、おおまかな荷物の数や種類をカンタンに入力するだけで、簡易見積りが各社から一斉に送られてきます。

この中から、自分が気になっている引っ越し業者や、金額の安い引っ越し業者を2,3社ピックアップして、訪問見積もりを依頼します。

訪問見積もりは、大型の荷物を確認したり、段ボールの数などを想定します。

また、希望引っ越し日と時間などを、引っ越し業者の営業マンがヒアリングして、荷物の量と合わせて見積もりを出します。

こうした本見積もりを、残りの数社にも依頼して、まずは料金の比較をしてみましょう。

 

見積金額の違いはどこにあるのか?

こうして、各社から出た見積りを見てみると、荷物の量や移動距離によっては、10万円ぐらいの差が出ることがあります。

しかしここで、単純に一番安い料金を出した引っ越し業者に決めてはいけません。

引っ越し費用が安い業者というのは、引っ越しスタッフの人数を最低限にしていたり、梱包資材の提供がなかったりと、削れるところは徹底して削っているとがあります。

また、スタッフの質も引っ越し料金に表れていることが多く、研修を受けていない素人同然のスタッフを使う引っ越し業者もあります。

まずは、引っ越し業者の営業マンが見積もりを出したら、こうした点を質問してみましょう。

特に気にしたいのは、スタッフの問題で、人数が少なかったり、未熟なスタッフを使ったりしていれば、荷物や住宅の壁や床の破損といったリスクが高まるので、納得のゆく説明を受けましょう。

説明を聞いても納得がゆかなかったら、その引っ越し業者は断るべきです。

 

大事なのは料金と作業品質のバランス

これがまた見抜きにくいことではあるのですが、引っ越しというのは、料金が安すぎたら作業品質に影響が出やすくなりますし、作業が丁寧すぎると、引っ越しの時間が掛かったり、資材が増えたりして、料金が上がってしまうことがあります。

一番いい引っ越し業者とは、料金と作業品質のバランスが取れていることで、こうしたポイントは、営業スタッフからの説明だけでは判断できないので、第三者機関が調査した顧客満足度調査などを判断材料にするとよいでしょう。

また、荷物が破損したり紛失した時の補償も用意してあることや、無料のアフターサービスが充実していることも、引っ越し業者選らびの判断材料になるでしょう。

 

お得に引っ越しをするなら、自分が主導権を持つ

1社の引っ越し業者に見積もりを依頼する時と違って、引っ越し一括見積りサイトを利用する時は、引っ越し業者にとっては、「相見積もり」の状態になります。

つまり、引っ越し業者同士、安い値段を出すように競わせることになるので、主導権は自分にあります。

訪問見積もりを受けて金額を出してもらい、引っ越しサービスの具体的な内容を聞いたら、自分のお気に入りの引っ越し業者が見つかるでしょう。

そうなったら、その引っ越し業者に一番安い値段を出させるべく、

「A社は御社より●●円安く、見積もりを出してきた」
「あと●●円安くしてくれたら、御社に決める」

などと揺さぶりをかけて、さらなる値引きをしてもらいましょう!

最後に、希望する値引き額に届かなくても、引っ越し品質が他社より上だと感じたら、その引っ越し業者に決めるのも一つの選択肢と言えます。

引っ越しが決まったら、まずは引っ越し一括見積りサイトを利用して見積もりを取り、値引き交渉をする!

そして、最終価格と引っ越し品質のバランスを考える!

この2つで、満足度が高く、お得な引っ越しが実現することでしょう。

 

引っ越し見積もりの正しい取り方とは?

gg142_72a

今まで引っ越し業者を利用したことがある方は、その時の見積りをどうやってとりましたか?

また、これから引っ越しする予定の方は、どうやって見積もりを取るつもりですか?

たいていの方は、知名度があったり、知人からおススメされたりした引っ越し業者のホームページを見て、サービス内容を一通り確認してから、電話やインターネット経由で見積もり依頼をすると思います。

引っ越し業者は見積り依頼を受けると、営業マンが依頼者宅まで出向いて、荷物の個数を確認したうえで、本見積もりを出します。

この見積りは、多少の値引き幅が入っているので、交渉すれば、多少、安くなります。

値引き交渉に応じてくれば、ほとんどの人が、その金額で契約してしまうことでしょう。

しかし、この見積もりの取り方より、劇的に引っ越し費用を安くする方法があるんです!

 

相見積もりで引っ越し業者を競わせる

ビジネスシーンにおいて、複数の業者から見積もりを取る「相見積もり」は、常識となっています。

この相見積もりは、個人の引っ越しの時にも有効です。

具体的には、引っ越し一括見積りサイトで見積もり依頼をかけて、2,3社に訪問見積もりに来てもらい、荷物を見てもらって本見積もりを出してもらいます。

そして、その場では値引き交渉や契約はせず、

「他社の見積りと比べてから、ご連絡します」

と伝えて、すべての引っ越し業者の見積りを揃えます。

そのうえで、引っ越し費用が安く、かつ、引っ越しの品質が一番良いと感じた引っ越し業者に、他社の見積金額をちらつかせながら、値引き交渉を行うのです。

こうすれば、単独で値引き交渉をするよりも、値引きの額はグンと上がります!

引っ越しにおいて、引っ越し一括見積りサイトを利用するのは、これからの常識です!

 

引っ越し業者の見積りの流れは?

kh007_72a

引っ越し一括見積りサイトでは、まず、現住所と引っ越し先の住所、そして、引っ越しで運搬する荷物を登録します。

サイトではテレビや冷蔵庫の大きさ、棚の数、自転車やバイクの有無、段ボールの数、エアコンの取り外し&取り付けの有無など、リストなどからカンタンに選べるようになっています。

これはあくまでも概算見積りを取るための物なので、正確じゃなくても大丈夫です。

その後、この情報が引っ越し一括見積りサイトに登録している引っ越し業者に送信されて、各社が一斉に見積もりを出します。

その見積金額を、電話やメールで確認した後、2,3社の業者(時間がある場合は、それ以上も可能)に、実際に自宅に来てもらって荷物を見てもらったうえで見積もりを出す、本見積もりを依頼します。

訪問見積もりは、引っ越し業者の営業マンがきます。

そして、荷物の確認をして、必要な段ボールの個数などを計算して、荷物の量と移動距離、引っ越しの日時から引っ越し料金を出します。

 

本見積もりは必ず相見積もりに!

1社の本見積もりが出たら、今度は別の引っ越し業者の訪問見積もりです。

最初に見積もりを出した業者には、他の業者からも見積もりを取っている(相見積り)ことを必ず伝えましょう。

これが、引っ越し料金を安くする第一歩です。

こうして、すべての引っ越し業者から本見積もりを取ったら、自分が引っ越しの依頼をしたい業者を決めます。

その業者には、他社が●●円で見積もりを出しているので、それぐらい値引きをお願いしたい、などと言って、値引き交渉をします。

引っ越し業者は、なんとしてでも契約を獲得したいので、100%とまではいかなくても、それに近い値引きに応じてくれます!

 

結論!一番おすすめの引っ越し見積もりサイトはココ!

osusume

ranking3

btaikenbkoushiki

TOP > 引っ越し見積もりの極意 > 引っ越し一括見積もりサイトとは?比較おすすめ【料金安くする方法】