引っ越し業者料金ランキング!安いおすすめは?【相場いくら?】

引っ越し見積もり比較ポイントはコレ!【交渉のコツと注意点は?】

引っ越しの見積もりの際は、いくつか確認しておくべき事項があります。

この確認ポイントを怠っていると、後でトラブルにつながってくるケースもあるので、くれぐれも気をつけて下さい。

 

引っ越し業者との作業分担はどうする?

引っ越しですが、引っ越しスタッフと自分での作業分担となっており、お互いに協力する必要が出てきます。

この点について、どのような流れで、誰が何を担当するのか、どうすれば引っ越しがスムーズに進むのかを確認するようにしましょう。

そうすれば、当日は予定よりも早く引っ越しを終えられると思います。

 

自分で荷運びを手伝う?

作業員の数についてですが、基本は2~3名となっています。そして、作業員1名あたり対して費用が発生しますので、出来れば作業員の数を少なくしたいところ。

では、どうしたらいいのか。これは自分で手伝うという方法を取ることが出来ます。男性の方であればやりやすいですね。

そうすれば、作業員の費用を1人分にすることが出来るので、いくらか安くすることが可能。

ただ、安全性の問題などから、これが出来る業者と出来ない業者と分かれているので事前に確認をしておきましょう。

 

家電製品の分解などは?

持っている家電製品によっては、分解・組立が必要になってきます。

これについてですが、分解する必要があるのかどうかを事前に確認しておきましょう。

実は、私も失敗経験があるのですが、小さなシングルベッドを解体しておいたのですが営業マンからは

「しなくてよかったのに(笑)」

と言われたことがあります。

こういった部分を事前に確認しておかないと、本来であればしなくて良い作業をしたりもしますので、気をつけて下さいね。

 

引っ越し業者との交渉心理戦に勝つ!

引っ越し業者とのトラブルで避けたいのが契約前のトラブルです。

引っ越し業者は、少しでも相手に契約を断りづらいようにする為に、あれこれと手を尽くしてきます。

その代表的なものが、資材を置いていくという方法。要するにダンボールですね。

ダンボールを置いて相手に契約をさせようという魂胆…。

photo14

 

ダンボールを受け取ったら契約しないとダメなの?

これは、私も実際にあったのですが、ある大手引っ越し業者が見積もりをシに来た時にダンボールを「無料見積もりの特典です」といって置いていこうとしました。

でも、これを受け取ったらダメだと思い、断りました。資材を受けることは契約をするという意思という勝手な捉え方があるので、後々トラブルにつながってしまうことも考えられます。

ですので、相手の好意と分かっていても、絶対にダンボールやガムテープなどの資材は受け取らないようにしましょう。

こちらに断りにくくさせるという心理作戦ですからね!

なので、それにひっかかって契約をしないようにも気をつけて下さいね。

 

中には無理においていこうとする業者も?

大手になってくると「サービスですから~」という感じで何かとものを置いていこうとする傾向が強くなってきます。

まあ、こちらとしてみれば、一度受け取ったものを返すわけにもいきませんし、受け取ってしまうと契約を断りづらくなってしまいますよね。

そう、これが狙いなのです。そして、厄介なことに業者は無理に置いていこうとします。それでも断ってください。

「受け取ると契約しなければいけない気がするので結構です」

と強く跳ね飛ばして下さい。

そうすれば、相手も引き下がってくれるハズです。

 

引っ越し見積もりから発注までの注意点は?

引っ越しを上手にする為には、

見積もりに始まり、見積もりに終わる

と言っても良いでしょう。

af99200

この見積もりをどれだけ上手に使えるかが最大のポイントとなっています。

そして、いざ契約!というタイミングも大事ですので、この点についてお話をしていこうと思います。

 

最初から決める!の考えはやめる

引っ越し業者を選ぶのは誰か、それはあなたです。引っ越し業者は選んで欲しくてアレコレとサービスをしてきますけど、それが気に入らなければ断って良いのです。

ですので、一つでも多くの業者で見積もりをとって、納得できる料金とサービスを提供してくれる業者を選ぶようにしましょう。

オプションなどについてもチェックを!

引っ越しになってくると、誰もが「少しでも安く…!」と思うので、料金の部分にこだわりますが、完璧な引っ越しをする為には、オプションサービスに関しても十分に検討する必要があります。

ハンガーケースが無料なのか?
布団カバーは?

といったところですね。また、補償に関しても十分にチェックを行っておきましょう。

 

第一希望の日程で引っ越し出来るのか?

いくら、料金に満足ができたところで、自分の希望する日に引っ越しをできなければお話になりません。

ですので、自分の第一希望の日程が空いているのか、空いていなかったとしても、その日になんとか交渉することは出来ないのか?ということを考えて動いて欲しいと思います。

これらをバランス良く検討して、見積もりをして、それで最後に発注をかけるようにしましょう。そうすれば、満足いく引っ越しが可能になると思われます。

 

最低5社!引っ越し業者見積もりを取っての交渉術とは?

引っ越しの無料見積もりの時ですが、必ず

当日の作業員の数とトラックについて確認を!!

出来れば、作業員の経験についても聞いておくことをお勧めします。見積書にこういったことはきっちり記載されているので、そこもちゃんと確認をして欲しいと思います。

photo08

 

作業員の人数・トラックの大きさに偽りがないか?

見積もり時、営業マンがあれこれと言ってきますけど、

その内容で本当に契約がなされているのかどうか

・・・これは絶対に書面で確認する必要があります。

口で言っていたことと、見積書に記載されていることが違って…ということも考えられるので、ここはしっかりと確認をしてお互いの認識にズレがないのかは確認して欲しいと思います。

 

作業員はアルバイトじゃない?

引っ越し業者の中には、作業員をアルバイトで構成しているところがあります。

それも、派遣での日雇いバイトなど…。

こういう業者にあたってしまうと、搬出・搬入が適当に行われてしまう危険性があるので、絶対に気をつけて下さい。ちゃんとした教育を受けているスタッフを雇っている業者を選ぶのがトラブル防止につながってきます。

 

見積もり内容と見積書が違う場合は?

万が一、見積もり内容と当日にスタッフが持ってきた見積もり書が違う場合は、必ず作業開始前に申告をして、こちらの意見を伝えるようにして下さい。

見積もり時、営業マンの名刺を渡されるでしょうから、その営業マンに電話をかけて、話をまとめてもらうのも有効手段です。

 

相見積もりは最低4~5社くらいは!

引っ越し料金、なるべくなら安くしたいですよね?それには見積もりを複数とって比較してみることです。

サービスや対応、料金などを色々見比べてみてください。本当に業者によって違いがあるものです。

現在はネットから簡単に申し込みができるので便利です。ホームズ引っ越しとか、引っ越し達人みたいな一括見積もり請求サイトを利用するのも一つの手だと思います。

++++++++++++++++++++++++++++

私が引っ越し一括見積もりお試しした体験談を
写真つきでレビューしているページはこちら。

ホームズ引越し評判は?無料見積もりおすすめ?【本音の口コミ】

++++++++++++++++++++++++++++

 

引っ越しわがまま言っていい?

引っ越しですが、人によっては色々な要望があると思います。

そのような時

「こんなことをお願いしてもいいのだろうか…」

と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

Rodger_Evans

by:Rodger_Evans

確かに、遠慮をする気持ちは分かります。

でも、こちらはきちんとお金を払っているので、お願いしたいことはきちっとお願いをするようにしましょう。

 

作業員への要望は遠慮するな!

引っ越し業者の作業員には、いろんな種類があります。

そして、特に気をつけたいのが、派遣社員や経験の浅いアルバイト君の作業

彼らは経験が浅いので、時には荷物を傷つけたり…。

そのようなことがないように、きちんと事前に

「どんなスタッフが作業にあたるのか」

を引っ越し業者に確認をしておくようにしましょう。

また、どういうふうに作業を進めていくのかも確認しておくことをお勧めします。

梱包の仕方は特にそうですね。ここを適当にするスタッフだと、家具などにキズがついたりする可能性があるので、くれぐれも気をつけて下さい。

 

下請け業者を使わない要望は絶対にだそう!

繁忙期の忙しい時期になってくると、引っ越し業者は下請け業者を使う場合があります。彼らは、引っ越しに関して多少の知識は持ち合わせていますが、プロではありません。

ですので、その引っ越し業者本来のクオリティを得られない可能性もあります。

このような下請け業者にあたってしまうと、適当に荷物を扱われたりする危険性があるので

「下請け業者は使わないで下さい」

と事前に伝えることをお勧めします。

 

結論!一番おすすめの引っ越し見積もりサイトはココ!

osusume

ranking3

btaikenbkoushiki

TOP > 引っ越し見積もりの極意 > 引っ越し見積もり比較ポイントはコレ!【交渉のコツと注意点は?】