引っ越し業者料金ランキング!安いおすすめは?【相場いくら?】

引っ越し見積もり取り方と注意点は?安いのは?【値引き交渉コツ】

引越しをすることになると、専門の業者に荷物の運搬を依頼することになります。

3a29463c2cd6584fb37ab1f86aca83cd_s

そのときには、荷物の量や新居までの距離などによって値段が決まってきます。

そこで、あらかじめ見積もりをとってもらうことになります。

そのときに安く済ませたいと考えているならば、いくつかの業者に依頼をして比較をすることもできますし、インターネットでも無料で受け付けている業者もあるので、そういったサービスを利用してみるのもいいでしょう。

テレビのCMなどでもお馴染みの業者もありますし、地域密着で活動している会社などもあります。それぞれの地域や会社の規模によっても値段が変わってくるものなので、とりあえずで決めてしまわないで、自分の引越しに合ったところに依頼するようにしましょう

1人暮らしならば、1人暮らし用のプランを用意している業者のほうが値段が安くなっていることも多くありますし、家族全員の荷物があるならばファミリープランのほうが安くなっているからです。

そして、見積もりを依頼するには、まずは電話かインターネットを利用することになります。

最近ではインターネットのホームページで大まかな内容を伝えて簡単な見積もりを出してもらえるサービスがあります。
それによってだいたいの相場を知っておき、実際に家まで来てもらって正確な数字を出してもらうことになります。

この家まで来てもらうというのが煩わしいという人もいますが、やはり最終的には現場を見てもらうことが大切です。

また、引越しにかかる費用が、業者によってまちまちな理由としては、サービスの充実度なども挙げることができます。何人で荷物を運ぶのかといったことから、専用の収納用具を用意しているところなどもあります。

そういったオプション的なサービスによって割高となっているというケースもあるのです。その場合は、荷物の運搬の安全性などに値段が付いていると考えることもできます。

自己責任で安いものを選択するか、プロに任せてお金を払うかという違いです。

ですから、見積もりをとる際には、1社だけでなく複数の会社に依頼しておくようにしたほうがいいのです。そうすれば、いくらかかるというだけでなく、値段の内訳も確認して比較をしていくことができるからです。

どういったサービス内容にお金がかかっているかを知ることができれば、いらない部分をはぶいたり、納得してお金を支払うことができるからです。

このときに内訳が不明瞭な業者は、あとになって追加料金やオプション料金が加算されることもあるので注意が必要です。

 

引越し見積もりのとり方はどうすればいい?

photo024

引越しをする際に重要になるのが見積もりです。

荷物を運んでもらうのにどれだけの費用がかかるかを事前に把握しておくことができるからです。1人暮らしで荷物も少なければ、自分で運んでしまうのが1番安上がりです。車に詰め込んで往復するだけですし、レンタカーを利用するという方法もあるからです。

けれども、大きなタンスや、冷蔵庫やテレビ、洗濯機といったものは、やはり1人では運べないので、プロの業者に任せたほうが安全だと言えます。

ですから、まずは見積もりをとってもらって、どの程度の費用になるのかを知ってから判断するようにしましょう。

最近ではインターネットで大まかな料金を知ることができるようになっていますが、やはり自宅に訪問してもらって確認したほうが正確な数字をあげてもらうことができます。

そのときに直接話をすることで、必要なことと必要ではないことがはっきりするので、値段を下げたりといった交渉もすることができるのです。

とくに他社との値段を比較しておくことが重要になります。

そのためには相場がだいたいどれくらいかを知っておく必要もあるので、一括で見積もりを出しくれるサイトなどを利用しておくのもいいでしょう。

それによってだいたいの値段を把握してから、複数の業者に詳しい数字を出してもらい比較をしていくのです。

また、よそはこれ位だったと具体的に言ってしまうのも効果を発揮することがあります。

ただし、ウソをついて安く言ってもすぐにばれるものなのです。

ほかにも、見積もりの内容をよく確認しておくことが重要になってきます。

自分の荷物から考えれば必要のないオプションなどは利用しないようにして、自分で運べるものは運ぶといったことも申告しておいたほうがいいでしょう。

それによって値段も変わってくるからです。

値段に納得のいかないところがあれば、その場で質問をしておいたほうがいいでしょう。曖昧なままだと損をすることもありますし、きちんと質問をしておくことで無駄をはぶくことができるからです。

そして、有名な大手のところだけを選択するのではなく、中小規模の会社についても調べておくようにしましょう。そういった業者のほうが値段が安いことがあるからです。

それは、宣伝などにコストをかけないぶん、引越し費用を抑えることができるからです。そういった会社の情報は、インターネットを使って検索をすることができます。

そうやって自分で調べていかないと、馴染みのない会社などの存在は知ることができないのです。

 

引越し見積もりのポイント

引越しの見積もりというのは、どれだけの費用がかかるかを知るのに必要なものになります。ですから、まずはどの業者に依頼するかが重要になってくると言えるでしょう。

引越し業者というのは、テレビのCMなどでもお馴染みの全国展開をしている大手から、エリアを限定してサービスを展開している中規模の会社、あるいは地域密着の小さな会社までいろいろあります。そのなかで、とにかく安く済ませたいのか、それとも安全な作業を望んでいるかによっても違いがあるのです。

遠距離の場合は受け付けていないといったケースもありますし、1人暮らし専用のプランを用意している業者があるなど、調べてみるといろいろな会社があることがわかるでしょう。そこから、自分に合ったところをサービス内容や値段から決めていくことになるのです。

安ければ安いほうが良いというものでもありません。

安くても作業が雑ならば、荷物が破損したり、キズが付いたりといったリスクも考えなければいけません。そういったことも踏まえて値段を比較していく必要があるのです。

また、1番最初に業者と接するときの印象というのも重要視する人もいるでしょう。

電話応対であったり、メールの文面や内容、そして実際に会ったときの態度などによっても、自分に合う合わないといったことが考えられます。それに加えて、見積もりをとってもらったその中身が重要になってくるというわけです。

細かく内訳が記載されているほうが良いと考えていいでしょう。内訳が不明瞭だったり、値段のあとが「\20000~」というような曖昧な表現になっているケースは注意が必要です。

そういった曖昧な見積もりを出してこられたら、必ずはっきりとした数字を聞くようにしなければいけません。

あとになって表示されている料金に加算されることがあるからです。そこで返答も曖昧ならば、そういった業者は避けたほうがいいと言えます。

そういったときのためにも、複数の業者に数字を出してもらっておいたほうがいいのです。最初から1社だけにしか頼んでいないと、選択や比較ができないので、不利な条件を受け入れてしまうこともあるからです。

ほかにも、国土交通省の認可を受けていることも重要な要素になります。緑のナンバーの営業車が目印になっています。このナンバーをつけているトラックを使用しているのが、許可を得ている業者だからです。

同様に、各都道府県のトラック協会に加盟している会社のほうが、なにかトラブルになったときに協会を通して解決することができるので、安心して依頼ができます。

こういったことも知っておいたほうがいいでしょう。

 

引越し見積もり書の中身はどうなってるの?

kr037_72a

引越し見積もりを出してもらうときには、その中身をチェックしなければいけません。けれども、いざ渡されてみてもトータルの値段にしか目が行かないという人も多くいるものです。

確かに、実際にどれだけかかるのかといったことが重要になりますが、それを知るには内訳をきちんと把握しておくことも大切なのです。必ず、中身はどうなっているかを調べてから返事をするようにしましょう。

トータルの値段だけで判断すると失敗することもあるのです。

この引越しの見積もり書のなかで、まず確認しなければいけないのは、業者名と許可番号です。会社の所在地と電話番号、担当者の氏名や連絡先といったことがきちんと記載されているかを確認します。

そして、許可番号というのは、国土交通省の認可を受けているかどうかのポイントになります。なにかトラブルが起きたときの窓口となる担当者の情報についても、詳しく記載されているか確認しておきましょう。

それがないと交渉もできないからです。

そして、現住所と引越し先の新住所も記載していなければいけません。作業内容については、梱包作業や解梱包作業、分解、組み立てといったものになります。これは、自分でするもの、自分でできるものは申告しておくようにしましょう。

なんでも任せてしまうこともできますが、そうすると値段が高くなります。

逆に、自分でするつもりのものが記載されていれば、余計な費用がかかってしまうので訂正をしてもらうようにしなければいけません。

梱包資材などを用意してもらうならば、その個数などを記載することになります。なかには無料で貸してくれたり、ダンボールを置いていってくれるサービスをしているところもあります。

あるいは、養生についても見積もり書に記載されることになります。新築の場合もそうですし、マンションやアパートの場合では、共用スペース部分にも養生をしておかなければいけません。

どの部分が必要になるかもあらかじめ記載しておいてもらったほうがいいでしょう。

また、忘れてはいけないのが追加費用や特記事項、オプションサービスについての記載です。

この部分があとから加算されることで、提示されていた料金よりも請求額が高くなることがあるからです。追加費用は人員数の増加や積みきれなかった荷物が出た場合に発生します。

特記事項は、壊れ物や貴重品などを運んでもらうときに記載しておきます。

オプションサービスは、無料のものもありますが、なかには有料のものがあるので注意が必要です。

 

結論!一番おすすめの引っ越し見積もりサイトはココ!

osusume

ranking3

btaikenbkoushiki

TOP > 引っ越し見積もりの極意 > 引っ越し見積もり取り方と注意点は?安いのは?【値引き交渉コツ】