引っ越し業者料金ランキング!安いおすすめは?【相場いくら?】

引っ越し荷造りコツと梱包準備物は?【養生・キズ防止方法】

引っ越しの荷造りをする前に確認しておきたいこと。
それは、家財全体の確認となっています。

gazou105

家財の全てを確認することが基本。そうすれば、事故を防いだり、トラブルを回避することが可能となってきます。

では、どのようにして確認すればいいのでしょうか。

 

リストアップからはじめよう!

頭で覚えていても、なかなか難しいものです。ですので、きちんと家財を把握するためには、家財のリストを作るようにしましょう。

部屋を見回って、家には何が置いてあるのか。

これを書き出していきます。その際、普段はあけないクローゼットなんかも見渡して下さい。そして、持っていくものと捨てるものに分類していきましょう。

 

ダンボールには数字を書く?

ダンボールには必ず数字を書いておきましょう。

そして、その数字の箱には何をいれているのかをチェックするのがお勧めです。

そうすれば、引っ越し先でも何番の箱に何が入っているのかをきっちりと確認することが出来るようになっています。

ここを行っていないと「どこに何があるの?」という状態になるのでくれぐれも気をつけて下さいね。

 

普段使わないものはどうする?

家財を確認して整理しているときですが「これは要らないなぁ…」というものも出てくるでしょう。そういった物をどうすればいいのか、それをきっちりと判断して欲しいと思います。

いらないのに取っておいても仕方ないですよね。ですので、

いらないと思ったらサクっと棄ててしまうのがお勧め

です。ただ、場合によっては使うかも?という物に関して取っておきましょう。

 

引っ越し必須道具とは?梱包前の準備物はコレ!

過去、引っ越しの梱包をしたことのある方なら分かると思いますが、いざ梱包をしてみると「あれがほしい!」「これがあったら便利なのに!」という状態になってきます。

ILM16_AA02061

そうなんですよね。

梱包って意外とアイテムが必要になる作業なのです。ですので、それらを事前に用意しておけば、面倒な梱包も幾分か楽になってきます。

 

①マジック

ダンボールの中に何が入っているのかを書く機会はとっても多いです。そんな時に必須なのがマジック。これは油性が良いですね。

また、作業をしていると「マジックどこいったっけ?」となってしまうので、出来れば何本か用意しておくようにしましょう。

そうすれば、マジック不足に悩まされることなく、スムーズな作業を続けることが出来ます。

 

②ガムテープ

ガムテープがなくては梱包は始まりません。ダンボールを作るときなどに必須になってきますし、そのほかでも活躍の場は意外と多いです。

ですので、ガムテープに関しても用意しておくのがお勧めです。ガムテープをなくすということはあまりないでしょうが、万が一のことを考えて2つ用意しておくと良いかもしれませんね。

大手ならダンボールと一緒に置いていってくれることもあるので、営業が見積もりにきたときにもらえるものは確認しておくようにしましょう。

 

③ドライバーなどもあると便利!

ドライバーなどもあると便利です。人によっては組立式の家具もあるでしょう。

分解・組立する時にドライバーは必須。

うちはそういう系はいろいろありますが、以前友達の引っ越し梱包を手伝いにいったときに『ドライバー?ないよ、そんなの~笑』という人がけっこういたんですよね。

「ええっ?おいおい、このうちにはドライバーもないのかよ?」

・・・と驚いてそのまま発言してしまいましたが、後で知ったのですが、わりとドライバーを持っていないご家庭もあるんですね・・。知らずに失礼なことをいってしまったと思います。

また、ネジによって大きさが違うので、小と大のドライバーを用意しておくのが良いかもしれません。そうすれば、スムーズに解体・組立作業を行っていくことが可能になるでしょう。

 

引っ越し搬出前の養生どうしたらいいの?

引っ越しの搬出作業前にやって欲しいのが、養生作業です。

とは言え、これは私たち素人で出来るものではありません。業者にお願いをする必要があるでしょう。

きちんとした業者であれば、何も言わずとも養生をしてくれるので、それほど問題はないと思いますが、下手な業者になってくると養生なしで作業を開始しようとしてしまいます。

私も、この経験はありますね。

 

養生って本当に必須なの?

ここで気になるのが、絶対に養生をしなければいけないのか?ということです。これは別にしなくても良いと言えばいいのですが、しなければいけないと言えばいけない…。なんとも曖昧な感じです。

というのが、建物によって異なっているわけですよ。

新築マンションや分譲マンションだと必須と言われますけど、中古マンション、それも古いタイプになってくると、別にしなくても大丈夫だったりします。ここは、事前に管理人に聞いておきましょう。

 

養生資材は新品?

引っ越し業者に確認したいのが、養生資材が新品かどうかということです。業者によっては、新品じゃなくて、中古を使ったりもしていますからね。

こういった業者になってくると、作業で不備が出たり、中古の資材なので、擦れて破けてしまったりと、何かとトラブルが起こってしまいます。

ですので、必ずどんな資材を使って養生するのかは確認しておいて欲しいと思います。そうすれば、搬出での事故を防ぐことが出来るでしょう。

 

養生が少ない?そんな時は?

大手業者になってくると、それほど問題はありませんが、小さな会社になってくると養生が不十分ということもあります。

もし、自分の目で見てみて「これは不安…」と思ったら

「もう少ししっかりやってもらっていいですか?」

と伝えて補強してもらいましょう。

 

ダンボール十字貼りとは?

ダンボールを運んでいたら、

いきなり底が抜けてしまった!

という経験のある方もいるでしょう。
はい、私もあります。

091295

そうなんですよ、意外とダンボールって底が抜けてしまうんですよね。特に本などの重たい物を入れているダンボールに関しては、底抜けの可能性が高くなってしまいます。

 

ダンボールの底は十字貼り!

多くの方は、ダンボールの真ん中をビッと止めて終わりだと思いますが、この止め方だと、底が抜けやすくなってしまうので、注意が必要となってきます。

出来れば、十字貼りをお勧めします!!

真ん中に一本ガムテープを貼ったら、交差するような形で止めておきましょう。そうすれば、底抜けを防止することが出来ます。

 

全部十字貼り?

全部のダンボールを十字貼りしなければいけない…!そんな風に思っている方もいるでしょうが、その必要はありません。

十字貼りにするのは、あくまで底抜け防止のためとなっています。ですので、洋服など軽い物を詰めているダンボールに関してはスタンダードな貼り方でOKです。

ただ、本など重たいものを入れる時に関しては、絶対に十字に止めておきましょう。

 

基本は、底が抜けるような重さにしないこと!

底抜け防止には十字貼りが良いと言いましたが、基本は底が抜けるほどの重たさにしないのが大事ってこと。

少しでもダンボールの数を減らして引っ越しを楽に…

という気持ちは分かりますよ。

だってダンボールの数が少なければ運ぶのも管理もラクですからね。私もそう思って詰めすぎて失敗したんですよねー・・・・。

楽を求めて詰め込みすぎて、それで底が抜けて作業に遅延が出るようでは意味がありませんからね。ですので、ある程度の重さで抑えておきましょう。

 

結論!一番おすすめの引っ越し見積もりサイトはココ!

osusume

ranking3

btaikenbkoushiki

TOP > 荷作り・梱包 > 引っ越し荷造りコツと梱包準備物は?【養生・キズ防止方法】