引っ越し業者料金ランキング!安いおすすめは?【相場いくら?】

引っ越しダンボールサイズ選び方と使い方は?【荷造り&梱包コツ】

引っ越し必須のアイテムといえば、ダンボール。

でもダンボールを自分で調達する場合、どのサイズのダンボールがいいのか迷ってしまう人も多くいるでしょう。

適したサイズのダンボールを選ばなければ、梱包や運搬に苦労してしまいます。そうならないためにも、今回、ダンボールの選び方についてお話しますね。

 

引っ越しダンボール使い方と注意点は?

引っ越し料金を安くするにはどうしたらいいのか。

2-3

それは、自前ダンボールを用意することです。自前でダンボールを用意するだけで、結構な金額を浮かせることが出来るのでとってもお勧めです。

 

耐久性は大丈夫?

どこで、どのようにしてダンボールを用意するのかにもよりますけど、自前ダンボールで気をつけたいのは、耐久性を見るということです。

使い古されたダンボールになってくると、かなり傷んでおり、ガムテープを貼っていても底が抜けてしまったり…というトラブルも起こってしまいます。ですので、必ず耐久性を見極めて、使えるものを用意するようにしましょう。

 

果物屋でダンボールはGETすべき?

果物を入れているダンボールというのは、耐久性に優れています。ですので、自前でダンボールを用意する時に関しては出来れば、果物屋でGETすることをお勧めします。

近所の果物屋に足を運んでお願いをすれば、譲ってもらえると思います。ただ、雑に扱われていて、汚れていたりする可能性もあるので、チェックは絶対に怠らないようにして下さいね。

古いものだと、虫がタマゴを産みつけていたりもするみたいなので、ほんとうに汚れには注意してほしいところです!!

 

買ったらダメなの?

人によっては

「中古ダンボールなんて嫌だ!」

という方もいるでしょう。そんな方はどうしたらいいのか?選択としては買うしかありませんね。ですので、買いましょう!と言っても、買う場所を間違えてしまうとお値段が大変なことになってしまうので要注意です。

業者から買ってしまうと驚きの値段になります!!

ですので、必ず安いホームセンターから購入するようにしましょう。

 

大きいダンボール使い道ない?

124999

ダンボールの中には、大きめのサイズのものがあります。さて、この大きいダンボールですが、引っ越しの時に使うのはあまり多くはありません。

なぜなら、ダンボールが大きいからです(笑)

 

大きめのダンボールには何を入れたらいい?

大きいダンボールですが、中身は比較的軽いものを入れていきましょう。重い物をいれてしまうと、運ぶのが大変になってしまいます。

あの大きさのダンボールいっぱいに大きいものを入れると、運べなくなる可能性が大(汗)ですので、クッションや洋服といった軽めのものを入れるようにしましょう。

 

照明を入れるにも役立つ?

大きいダンボールですが、照明を入れるのにも役立ちます。照明に関しては、ゴミ袋にいれて運ぶ…という案もありますけど、それは危険。

割れてしまう可能性が高いです。ですので、照明は大きいダンボールにいれて運ぶようにしましょう。そうすれば、割れる危険性を防ぐことが可能となってきます。

 

なるべく隙間を埋めよう!

ダンボールの中に、何を入れるのかにもよって異なってきますけど、なるべく、隙間に関しては埋めるようにしましょう。

隙間があると、ちょっと物が動いたりして、中の物にダメージが与えられてしまいます。ですので、それが原因で壊れてしまうことも…。よって、くれぐれも隙間は残さないように!

まあ、クッションや洋服であれば、隙間が残っていても問題はないですけどね。ただ、洋服関係であれば、隙間が残っているのはもったいないので、やはり隙間は埋めたほうが得策です。

 

中型ダンボールの使い方と注意点は?

gazou3

中型のダンボールは、比較的軽めの荷物かつ大きめの荷物を梱包するのに適しています。中くらいの大きさなので、それぞれが重いような物を入れるのは絶対に止めましょう。

重いものを詰め込んでしまうと、運べなくなってしまうこともあります。それに、重くなりすぎると、いくら底を補強したところで、無意味となり、割れてしまうこともありますからね…。

 

洋服などを詰め込もう!

中型のダンボールの中には何を入れるのが良いのか。それは、洋服などだと思います。

比較的軽い荷物ですので、詰め込みすぎたとしても、運べなくなるほど重くなってしまうことはありませんし、底が抜けてしまうということもありません。とは言え、あれもこれもと詰め込んでしまうと運ぶのに一苦労なので気をつけて下さい。

 

洋服はめいっぱいいれてOK!

重い物やワレモノになってくると、詰め込み過ぎると大変なことになってしまいますが、洋服であれば、10割入れても大丈夫です。

10割入れて、仮に底が抜けてしまっても、洋服であれば事故を防ぐことが出来ますからね。ですので、洋服に関しては10割入れて、尚且つ、隙間には靴下や下着を詰め込むようにしましょう。

 

底は一応十字貼り!

中型ダンボールの中に、何かを詰め込んだとしても、底は必ず十字貼りをするようにして欲しいと思います。万が一ってことがありますからね。

底が抜けても洋服であれば、割れたりはないですけど、それでも、底が抜けた場所が悪ければ大事な洋服が汚れてしまったりします。ですので、絶対に十字貼りで「万が一」の事態に備えるようにしましょう。

 

小さいダンボールの使い方とは?

GR041_72A

ダンボールの中には、小さいタイプのものがあります。これは、

主に重い荷物を梱包するもの!

となっていますので、比較的重いものを入れるようにしましょう。

ただ、あまりにも詰めすぎてしまうと、ダンボールがかなり重くなってしまうので要注意。特に本を詰めすぎるとかなり困ったことになります…(汗)

 

バランスを考えよう!

小さいダンボールは本を入れるのに適していますが、箱いっぱいダンボールを入れてしまうと、ビックリする位重くなってしまうので、くれぐれも重さの管理には気をつけて欲しいと思います。

箱の半分に本をいれたら、後の半分はDVDを入れるなどの工夫をすることがポイント。そうすれば、あまり重くなりすぎませんし、底が抜けてしまうという心配もありません。

 

箱の底は十字貼り!

小型のダンボールは本などを入れるのに適していると言いましたが、この時は

必ず底をガムテープで十字貼りにするように!!

ダンボールの底というのは、かなり負荷がかかってきます。ですので、普通の貼り方ではダメなのです。

また、あまりにも重い時はキの字貼りがお勧めです。こういったちょっとした工夫で底が抜けるのを防ぐことが可能となっています。

 

割れ物は注意!

小さいダンボールは、食器を入れるのにも適しているのですが、食器を入れる際は入れる量に気をつけて下さい。

あまりにもたくさん入れてしまうと、中で食器が割れることもあります。ですので、入れる量は9割程度に収めておくのが理想。そうすれば、食器が割れるのを防ぐことが可能となっています。

 

引っ越し荷作りダンボールに記入すべき事は?

9429d2de79cd7357a07e5aff956eacd0_m

過去に一度でも引っ越しをしたことのある方なら分かるハズですが、引っ越しが終わって、さあ、梱包を解こう!という状態になった時「あれ?どこに何があったっけ…?」と頭の中がハテナだらけになることも少なくありません。

そう、これが厄介なんですよね。ですので、それを防ぐためにダンボールに工夫を施す必要があります。

 

ダンボールにはマジックで書き込む!

ダンボールの梱包が終わったら、必ず

「何が入っているのか」

ということを書き込むようにしましょう。

これを書いているだけで、荷物の取り出しが簡単になります。逆にこれをしていないと、片っ端からダンボールをあけて…という状態になってしまいますので、その点はくれぐれも気をつけて下さい。

本来であれば、開けなくて良いような荷物も開けなければいけなくなり、何かと面倒なことになってしまいます。

 

直ぐに取り出すものは?

直ぐに取り出すものに関しては、一つのダンボールにまとめて

「直ぐに使う」

とでも書いておきましょう。

直ぐに使うものを探すのは大変ですからね。これをしておけば、必要品を探す手間というのが省けます。こういったちょっと工夫をしているだけで、引っ越しはかなり楽になりますよ。

 

どの部屋に運ぶのかも書いておこう!

ダンボールに書き込む際ですが、中に入っているものと、どの部屋に運ぶのかをしっかりと明記するようにして欲しいと思います。

これをしていれば、引っ越し業者が楽になるんですよね。

とりあえず、ダンボールを一つの部屋にまとめて…というスタイルもありますけど、そうすると、後で結局は自分で荷物を運ばなければいけないので、何かと面倒です。

自分の労力を減らす意味でも行いたいところですね。

 

結論!一番おすすめの引っ越し見積もりサイトはココ!

osusume

ranking3

btaikenbkoushiki

TOP > 荷作り・梱包 > 引っ越しダンボールサイズ選び方と使い方は?【荷造り&梱包コツ】