引っ越し業者料金ランキング!安いおすすめは?【相場いくら?】

引っ越しトラブルと事故の対処法!【事前に確認すべきこととは?】

色々と気をつけていても、起こってしまうのが事故やトラブル。

絶対に起こらないという保証はどこにもありませんからね。

Petr Kratochvil

by:Petr Kratochvil

ですので、引っ越しでの事故が起こってしまった時の対処方法は、事前に確認しておく必要があります。

さて、では、どういう風に行動をしていればいいのでしょうか。その点について詳しくお話しましょう。

 

見積書や確認書は引っ越しが終わるまで常に手元に保管!

引っ越しでカギを握っているのは、見積もり書や確認書類となっています。これを持っていれば、何かあった時

「ここにはこのように書いていますよね?」

と強気に出ることが出来ます。

しかし、これがなければ「交渉」のアイテムがないわけですから、下手すればクレームとして処理をされてしまったりもします。

ですので、見積書などは引っ越しが無事に終わったことを確認するまで手元に置いておくようにしましょう。

 

重要なアイテムに関しては写真を撮っておこう!

高価な物などに関しては、先方も弁償をしたくないですから、何かと言い訳をして逃げる可能性があります。

ですので、言い逃れ出来ないように証拠を残しておきましょう。

その証拠として簡単に作成出来るのが・・・

写真です!!

ダンボールにいれた状態で写真を撮っておくのがベスト。

そして、万が一アイテムが破損していたら、その写真を元に業者と交渉をするのが良いですね。そうすれば、相手も非を認めざるを得ませんから…。

あと、出来ればデータではなくフィルム式のカメラがお勧めです。使い捨てでも構わないので、現像して出せるような形で証拠を保管しておきましょう。

 

引っ越しトラブルと事故の傾向とは?

引っ越しには事故とトラブルがつきもの…

とは言え、引っ越し業者の仕事は引っ越しを無事に終わらせることですので、ちょっとこれは納得いかない部分もありますね。

しかし、実際問題として、引っ越しをすると、かなりのケースで事故やトラブルが起こってしまいます。

私も、引っ越しをしたら、机のネジが外れていて、足がバカになっていたなどの経験があります…。ですので、このような事態を避ける為に、良い引っ越し業者を選ぶのは当然のこと、どういった事故やトラブルがあるのかを把握しておくようにしましょう。

 

トラブルや事故は起きて当然?

「まさか、こんなことになるなんて!」となってしまう前に「事故やトラブルは起きて当たり前」という考えを持っておき、万が一の事態に備えておくことが重要です。

では、その心構えを持ってどういう風にすればいいのでしょうか。

それは「もし、こういうことが起こったら?」
「こういう可能性もあるよね?」

という風に考えることです。

 

心構えと確認をしておこう!

問題点が自分の中で明確になれば、それへの対策を練ることも出来ます。しかし、そういった考えを持っていなければ「自分は安心」と思い込んで、何の準備もしないことが多いですね。

ですので、事故とは起きるものという考えで引っ越しをすると同時に、引っ越し業者を探すようにして下さい。

そして、契約前に

「もし、こういうことが起こったらどうしますか?」

と引っ越し業者に確認しておくことをお勧めします。そうすれば、万が一の時の対処法も事前に分かってくるでしょう。

 

引っ越しキャンセルや延長したい時は?

引っ越しで困るのがキャンセルや延長。

これは、業者としても困るでしょうが、私たちにとっても、予定外の出来事なので、困ると言えばかなり困ります。さてさて、なぜ困るかというと、キャンセル料などが発生してくるからです。

業者によって若干異なってはいますけど、

大体2日前のキャンセルは無料。
前日で10%程。
当日キャンセルで20%ほどが一般的。

ただ、これはあくまでも“目安”ですので、参考までにしておいて下さい。

 

出来ればキャンセルや延長は避けよう!

引っ越しにおいては、できるだけキャンセルは避けるようにしましょう。相手にも迷惑がかかりますからね。

ただ、色々と事情があるでしょうから、人によっては、キャンセルしたくないのにキャンセル…ということもあるはず。

そういう時は事情を引っ越し業者に説明するようにしましょう。もしかしたら、特別にキャンセル料や延長料金なしで対応してくれるかもしれませんからね。

 

無料でキャンセル&延長する方法は?

決まりごとなので、仕方ないのですが、無料でキャンセルをしたいというのが誰もが望むところでしょう。しかし、それはなかなか難しい…わけでもありません。方法によっては無料でキャンセル出来ることもあります。

方法というか事情ですかね。どうしてキャンセルや引っ越し延長になったのかを詳しく引っ越し業者に伝えることです。信ぴょう性があれば、相手もそれなりの対応をしてくれると考えて良いでしょう。

ただ、当然のことながら、その時点で引っ越し日時は確定させなければいけませんし、その業者を使うというのも絶対条件となっています。

 

引っ越し業者に内金請求された?

まともな引っ越し業者ではないことですが、悪質な引っ越し業者になってくると、見積もりの段階で手付金を要求してきたりもします。

akutoku

「今日いくら収めて頂ければこの金額で~」

というのが決まり文句ですね。

安い金額をちらつかされてしまうと、契約をしたくなる気持ちも分かりますけど、それは絶対にダメです。

 

手付金を払う義務はない!

覚えておいて欲しいのは、こちらは、内金を収める義務がないということです。

そんなことを要求してくる時点で、相手がおかしいことをしているということですよ。

ですので、絶対に払わないようにしましょう。

予約金や保証金という名目などもありますけど、いずれにせよ、そういったものを支払う義務はありません。

引っ越しのお金は、引っ越し日当日に支払うのが基本。

それ以外のことを要求してくる時点で、そんな業者は見限るようにしましょう。

 

下見費用を要求された時は?

基本、内金などは支払う必要はありませんが、中には、見積もり費用を要求してくる業者もあります。

まあ、今は引っ越し業者も競合が激しくなっているので、そのようなケースは滅多にありませんが…。

とは言え、未だに

「見積もりはいくら頂いています」

という業者もあります。

これについては、正式なサービス費用となっていますので、もしあなたが見積もりがどうしてもほしいのなら支払わなければなりません。

ただ、先程も言った通り、今はどの業者も大体は無料見積もりをしていますよね。

ですので、わざわざお金を払って見積もりをしてもらう必要性は0と言っても良いでしょう。

どうしてもそこの業者でないといけないという理由があなたにあるのであれば話は別ですが…(苦笑)

 

個人情報漏洩大丈夫?

絶対にあってはならないのが引っ越し業者による犯罪。

それともう一つは個人情報の漏洩です。

まあ、個人情報を漏らされて困るのは芸能人位でしょう…。

「明日、4丁目の引っ越しキラーさんの引っ越し!」とツイッターなどでつぶやかれたところで、気分は悪いですけど、特別マイナス要素はなかったりします(苦笑)

それでも、こういうことを平気でする業者には依頼をしたくないですけどね。

 

個人情報の漏洩は法律違反なの?

さて、ここで一つ難しい問題について考えてみましょう。それは、個人情報が漏洩してしまった場合、引っ越し業者は法律を違反したことになるのか?

ということです。普通に考えれば、いけないことなのですが、引っ越し業者に関しては、秘密保持義務や守秘義務が課されていない為、引っ越し業者に個人情報を保護するインセンティブが働かないのが現状。

よって、法律違反ではないのです…。

なんてこった!そして、驚くことに、引っ越し業者は秘密保持義務などを規定していないのも現実。

つまりは、個人情報の保護が約束されていないというわけです。

まあ、荷物を運ぶだけですしね…。でも、だからといって、個人情報を漏らして良いわけではありません。

ただ、実際に個人情報が漏洩してしまい、それによって損害が発生した場合は、民法上の不法行為にもとづいて、損害賠償の請求をすることが可能となっています。

これは、引っ越し業者も十分に理解しているので、無意味にお客様の個人情報を漏洩するようなバカな真似はしないでしょうから、基本は安心して大丈夫だと思われます。

 

結論!一番おすすめの引っ越し見積もりサイトはココ!

osusume

ranking3

btaikenbkoushiki

TOP > トラブルを回避しよう! > 引っ越しトラブルと事故の対処法!【事前に確認すべきこととは?】